この時代をどう生きて行けばいいのかに悩んだら「壬生義士伝」はどうでしょう

公開日: : 最終更新日:2012/10/28 マンガ

壬生義士伝
(C)浅田次郎 ながやす巧 講談社

今日は昨日のような眠たさに陥らないように、
フリスクと辛めのガムそして大量の飲み物を口にしたところ、
なんと仕事中に全く眠たくならなかった
赤い流れ星★彡です、こんばんは。

終業後に途端に眠気が襲ってきましたが・・・。

さてさて・・・。

本当に混沌としている先の見えない時代だと思います。
今後どうなるのか不安になっている方も多いのでしょう。
現在の状況は、江戸から明治への移行期と似ているだとか、
戦後と状況が似ているだとかも言われますよね。

僕は、今の状況は戦国時代や室町時代の終わりとも似ていると感じています。
いつの時代も時代の変わり目は同じような状況なんでしょう。
僕がこれからの時代も何とか生きて行けるだろうと感じているのは、
それを少しは理解しているからかもしれません。

例えば幕末の状況は、坂本龍馬や勝海舟、西郷隆盛や高杉晋作など
歴史の表舞台に立っていた人物を軸に語られる事が多いですが、
それはほんの一握りの人物たちの話であり、
大多数の普通に生きてきた人の話を知る事はそう多くありません。

そんな一市民がどのようにその時代を過ごしていたのかを知るには
壬生義士伝を読むといいかも知れません。
以前も美しいマンガとして紹介しましたが、
幕末の混沌とした状況を知るにも適した作品であると思います。

勝った方が正義であり、歴史を語るのはいつの時代でも事実でしょうが、
今語られている幕末の多くの話も薩長による歴史であることは否めません。
壬生義士伝は、逆に負けた南部藩の人物を軸に語られている物語です。
主人公はさらに新撰組の隊士でもありました。

辛い状況に追い込まれた主人公たちがどう考え生きていたのか、
そして変わりつつある時代をどう生きて行こうとしたのか、
今の時代を生きる僕たちにとってもそれはヒントになります。
そんな壬生義士伝オススメです。

それにしてもながやす巧さんの絵は息を呑む美しさです。
帯の推薦も浦沢直樹さん、井上雄彦さん、ちばてつやさん、
森川ジョージさん、永井豪さん、藤沢とおるさん、諫山創さんと
信じられない程の豪華メンバーであることからもその凄さが伺えますね。

ミルフィーユAD

関連記事

img_1000288_20158671_0

マクガイバーが好きな方なら「魔王」オススメですよ

先日初めてLED電球を買いました。 センサーライトの電球が切れて困っていたので、 いい機会ではな

記事を読む

こち亀

疲れている時に読むなら、例えば「こち亀」何かどうでしょう。

お昼にカツカレーを食べたところ、 あまりの熱さに口の中の上が焼けどをしまして、 広範囲に渡って皮

記事を読む

ミノタウロスの皿

誰かと考え方が合わずに悩んでいるなら マンガ「ミノタウロスの皿」

(c)藤子・F・不二雄 ※今は小学館 最近雨が降っている気がしますが、 水不足は解消され

記事を読む

有馬係長

小生って使います? マンガ「総務部総務課山口六平太」

(c)林 律雄 、高井 研一郎 小学館 久しぶりに電車を寝過ごしました。 気づいたら降り

記事を読む

忍者パパ

普通の生活を守るために マンガ「忍者パパ」

(C)山本康人 双葉社 雨が続きますね。もう梅雨入りしたのでしょうか。 雨が続くと太陽が

記事を読む

月光条例

隣の芝はだいたい青いんですよ マンガ「月光条例」

(c)藤田 和日郎 小学館 晴れるとやっぱりいいですね。 洗濯物が思う存分干せましたから

記事を読む

バジリスク

瞳で何かを語ってみたいなら マンガ「バジリスク」

(c)山田風太郎 せがわまさき 講談社 最近月曜日が体力的にきついんですよね。 週末で体

記事を読む

のたり松太郎

相撲に興味があったら伝統的な角界を破壊しまくる「のたり松太郎」 おススメですよ

本を読む事は好きなんですが、 厚く活字だけの本を読むのが苦手です。 皆さんそんなに簡単に読めてい

記事を読む

ナルト

忍術の多様性が今までの忍者マンガで随一「NARUTO」

(c)岸本斉史 集英社 表紙に尾獣が勢揃いの60巻 初めてPayPalでの決済をしました。

記事を読む

BECK

何故だか悶々としているなら マンガ「BECK」

(c)ハロルド作石 講談社 先日に引き続きGoogleのパンダアップデートの影響で、 こ

記事を読む

ミルフィーユAD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ミルフィーユAD

テラフォーマーズ8巻
テラフォーマーズ 8巻 我のある生物たち

最近の人気作は長編になりがちですよね。まあ、確実に売り上げが望める作品

ちから
ちから 日本最大の悲劇・忠臣蔵に、時代劇の第一人者が初めて挑んだ!!!!

ブログの文章をPCで読みやすいだろうと改行すると スマホだと読みづら

SCATTER あなたがここにいてほしい
SCATTER あなたがここにいてほしい 5巻

1枚の写真で心が軽やかになることがあります。 1つの言葉で心が穏やか

レ・ミゼラブル
レ・ミゼラブル 1巻

水仕事をしていると手のひび割れがすごいんです。 お湯ではなく水で洗え

サイボーグ009 完結編 conclusion GOD'S WAR
サイボーグ009完結編 conclusion GOD’S WAR 4巻

書評って難しいんですね。 書くためのルールみたいなのもあったりと・・

→もっと見る

PAGE TOP ↑