2014年お正月の暇なお時間に話題作をどうぞ マンガ「暗殺教室」

公開日: : マンガ

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
今年は人の役に立つブログの内容を意識したい
赤い流れ星★彡です、こんばんは。

ドメインも書き方も変えようと思っています。

さてさて・・・。

このブログは2012年の1月1日から書き始めたので、
今日でちょうど1年目となりますが、
まさか毎日書き続ける事になるとは思っていなかったので、
自分でも驚いているのが実感としてあります。

今年からマンガをメインの内容にしようと思っています。
今までは、やはり趣味の域を超えていなかったので、
それを人が読むのに耐えうる内容へ変更していくことが、
大きな目標となります。

ただ、人に読んでもらう事はとても難しい。
色んなブログや本を読んで方向性を見定めていますが、
ただマンガを紹介するブログにはしたくないんです。
このお正月休みの間に変えていきたいと思います。

もう話題になっているか・・・

ミルフィーユAD

関連記事

SUGAR

天才の思考を感じてみたかったら、ボクシングマンガ「SUGAR」はどうでしょう

眠気を解消するために 刺激の強い菓子類を口にしています。 そのためかお腹の調子がグルグルの 赤

記事を読む

少女ファイト

自分以外の人のことを考えるなら マンガ「少女ファイト」

(c)日本橋ヨヲコ 講談社 情熱大陸がチームラボの猪子さんでした。 ああいう人を見ている

記事を読む

柔道部物語

オリンピックで柔道の試合を見るのと一緒に マンガ「柔道部物語」

(c)小林まこと 講談社 今年も暑い夏になりそうですよね、 というか暑い夏になっています

記事を読む

キャプテン翼

オリンピック サッカー日本代表を見るのと一緒に マンガ「キャプテン翼」

(c)高橋陽一 集英社 あまりに暑いので半そでで出勤しました。 ぼくは、仕事では長そでし

記事を読む

ys_ja01

ジャンプ、マガジン、サンデー、チャンピンの全てが月額1,000円で読めたら電子コミック(?)は一気に普及するだろうな

寒さが増してきましたね。 雨が降るとさらに寒さを感じます。 風邪を引かないよう注意をしな

記事を読む

華麗なる食卓

カレーを食べる、その前に マンガ「華麗なる食卓」

(c)ふなつ一輝 集英社 うなぎマンガ「う」の最新作3巻を読みました。 そしたら鰻が食べ

記事を読む

ゴルゴ13

ちょっと電車で遠くに行く時なら「ゴルゴ13」オススメですよ

今日からゴールデンウィークが始まりますね。 その初めの日がとてもいい天気です。 天気がいいととに

記事を読む

ゴッドハンド輝

新しい傷の治し方 湿潤療法をマンガで マンガ「ゴッドハンド輝」と「Dr.デュオ」

(c)山本航暉 講談社 ※湿潤療法は24巻に載っています 「Kindle Paperwhi

記事を読む

何かを作りたい、成し遂げたいと思っているなら「ブラック・ジャック創作秘話」はどうでしょう

3月ももう終わりますね。毎年3月はあっという間に過ぎて行きます。今年も3月はしっちゃかめっちゃかだっ

記事を読む

konomanga

「このマンガがすごい!」2013年を予想しています

(c)宝島社 1ヶ月以上も続いていた体調不良が この週末を経てやっと回復してきました。

記事を読む

ミルフィーユAD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ミルフィーユAD

テラフォーマーズ8巻
テラフォーマーズ 8巻 我のある生物たち

最近の人気作は長編になりがちですよね。まあ、確実に売り上げが望める作品

ちから
ちから 日本最大の悲劇・忠臣蔵に、時代劇の第一人者が初めて挑んだ!!!!

ブログの文章をPCで読みやすいだろうと改行すると スマホだと読みづら

SCATTER あなたがここにいてほしい
SCATTER あなたがここにいてほしい 5巻

1枚の写真で心が軽やかになることがあります。 1つの言葉で心が穏やか

レ・ミゼラブル
レ・ミゼラブル 1巻

水仕事をしていると手のひび割れがすごいんです。 お湯ではなく水で洗え

サイボーグ009 完結編 conclusion GOD'S WAR
サイボーグ009完結編 conclusion GOD’S WAR 4巻

書評って難しいんですね。 書くためのルールみたいなのもあったりと・・

→もっと見る

PAGE TOP ↑