弱虫ペダル 32巻

公開日: : マンガ

コミックだと今月に入って3冊しか購入していなんだな。
それよりもジャンプ、マガジン、サンデーだけで50冊以上あるんです。
だからそれらが読み終わる目処が経つまではコミックの購入を控えている
赤い流れ星★彡です、こんばんは。

読んだ先から買ってるので全然減らないんです・・・。

さてさて・・・。

今日は「弱虫ペダル」の32巻を買いました。
相変わらず熱い熱い自転車マンガです。
32巻にもなっているのにその熱量が減らないのはすごい。
自転車好き以外にもおススメできるマンガなんですよね。

弱虫ペダル 32 (少年チャンピオン・コミックス)

弱虫ペダル 32 (少年チャンピオン・コミックス)

  • 作者:渡辺 航
  • 出版社:秋田書店
  • 発売日: 2014-01-08

32巻も今まで目立つことがなかった杉本の頑張り。
2年にも関わらずあえて1年と競争する杉本。
あれには胸が熱くなりました。あ、高校自転車部のマンガなんですよ。
高校を卒業してから20年以上経つけど楽しいんですよね。

ミルフィーユAD

関連記事

憂国のラスプーチン

恐怖マンガ家伊藤潤二が描く日本の闇 マンガ「憂国のラスプーチン」

(c)佐藤優/長崎尚志/伊藤潤二 小学館 風邪が一向によくなりません。 当初は喉の痛みが

記事を読む

年末調整

年末調整はおかしな仕組みだと思いません?

今日はすごい雨が降りましたね。 窓の外が白くなるほどの強さでしたから。 室内にいたので濡

記事を読む

ドラえもん

プライベート的なマンガ家さんのサイン会を開催したいんです

今週から仕事だったのですが、 世間一般がお盆休みだったためか、 外部からの連絡がほとんど

記事を読む

会社が望むべくはビッグコミックの安定感なのかな

タバコの臭いも超苦手なんですが、最近、香水の臭いもダメなんです。臭いにどうにも耐えられなくなってきた

記事を読む

猛き黄金の国 岩崎弥太郎

仕事で熱い気持ちが欲しかったら「猛き黄金の国 岩崎弥太郎」はどうでしょう

先日うさん臭い人から営業を受けました。 強引で自分のペースで進めようとして、相手(営業先)の事を全

記事を読む

おぼっちゃまくん

「びんぼっちゃま」を見て節約を意識 マンガ「おぼっちゃまくん」

(c)小林よしのり 小学館 ※リンク先は幻冬舎 サラリーマンの昼食代が平均で510円まで下

記事を読む

ドラえもん

大人になっても楽しめる 9月3日が誕生日 マンガ「ドラえもん」

(c)藤子・F・不二雄 小学館 少しずつSEOの勉強を始めています。 でも、設定とか難し

記事を読む

減量やトレーニングで何から始めたらいいのか分からなかったら、オールラウンダー廻オススメです

仕事で履いてるグレーのズボンに穴が空いていました。ただ、下着も同じグレーだったので、ばれなかったのか

記事を読む

ちから

ちから 日本最大の悲劇・忠臣蔵に、時代劇の第一人者が初めて挑んだ!!!!

ブログの文章をPCで読みやすいだろうと改行すると スマホだと読みづらくなることが多々あります。

記事を読む

ゴキブリと戦えますか?しかも進化したゴキブリ マンガ「テラフォーマーズ」

テラフォーマーズ 1 (ヤングジャンプコミックス)posted with ヨメレバ橘 賢一 集英社

記事を読む

ミルフィーユAD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ミルフィーユAD

テラフォーマーズ8巻
テラフォーマーズ 8巻 我のある生物たち

最近の人気作は長編になりがちですよね。まあ、確実に売り上げが望める作品

ちから
ちから 日本最大の悲劇・忠臣蔵に、時代劇の第一人者が初めて挑んだ!!!!

ブログの文章をPCで読みやすいだろうと改行すると スマホだと読みづら

SCATTER あなたがここにいてほしい
SCATTER あなたがここにいてほしい 5巻

1枚の写真で心が軽やかになることがあります。 1つの言葉で心が穏やか

レ・ミゼラブル
レ・ミゼラブル 1巻

水仕事をしていると手のひび割れがすごいんです。 お湯ではなく水で洗え

サイボーグ009 完結編 conclusion GOD'S WAR
サイボーグ009完結編 conclusion GOD’S WAR 4巻

書評って難しいんですね。 書くためのルールみたいなのもあったりと・・

→もっと見る

PAGE TOP ↑