ちばてつやという偉大なマンガ家の足跡を 「ちばてつや落穂拾い集てっちん」

公開日: : 最終更新日:2012/11/24 マンガ

ちばてつや落穂拾い集てっちん
(c)ちばてつや

今年の冬は暖冬との予報から一転して厳しい寒さと予報が変わっていました。
この寒さの中では誰もこの冬が暖冬なんて思いませんよね。
そろそろセーターも着ようかと迷っている
赤い流れ星★彡です、こんばんは。

着てしまうと電車の中の温度調節が難しくなるので迷っているんですね。

さてさて・・・。

先日「デビュー55周年記念 ちばてつや原画展」に行ってきました。
僕はこのようなイベントをやっていることも知らなかったのですが、
少し疎遠になっていた友人が誘ってくれたんです。嬉しかったです。
で、当日は終業後に会社を飛び出て会場に向かいました。

僕はちばてつやさんのイベントには数多く足を運んでいますので、
目新しさはあるのだろうかと思っていた部分もあるのですが、
新しいとか古いとか、見たことあるとかないとかではないんですね。
その圧倒的な画力に心を奪われ見入ってしまいました。

良いものは何度見ても良い!何度見ても感動することに変わりはありません。
僕はほとんどの作品を持っているので、内容自体はほぼ知っていたのですが、
やはり原画は違います。その線の1本1本に魂が込められていると感じます。
大変な思いをしながら描いている作品ですから、読者もきちんと読まなきゃですね。

そして今回僕がもっとも嬉しかったのが、2009年に非売品として関係者に配られたという
単行本未収録作品集「ちばてつや落穂拾い集てっちん」が販売されていたことなんです。
これは本当に貴重な作品集でして、ここ最近ビッグコミック等で描かれていた
ちばてつやさんの自伝的な作品が含まれているんですね。

僕は以前からこれがどうしても欲しかった。なので2冊買ってしまいました。
そして家に戻りじっくり読んで感動してしまいました。
これは戦争を経験している人でなければ描けない物語です。
読めば誰でも戦争はいけないと思わせる強い気持ちが込められています。

他にもトキワ荘住人の石ノ森章太郎さんや赤塚不二夫さんらとの交流など、
日本のマンガの歴史を知るにもよい作品ばかりです。
皆さんも原画展に行かれて「ちばてつや落穂拾い集てっちん」を購入されませんか。
ちばてつやという日本を代表する偉大なマンガ家の足跡がそこにはありますよ。

ミルフィーユAD

関連記事

おぼっちゃまくん

「びんぼっちゃま」を見て節約を意識 マンガ「おぼっちゃまくん」

(c)小林よしのり 小学館 ※リンク先は幻冬舎 サラリーマンの昼食代が平均で510円まで下

記事を読む

皇国の守護者

仕事でミスを無くすにはどうしたらいいのでしょう。「皇国の守護者」がそのヒントになるかもしれません

仕事で酷いミスをしてしまいました。 確認をしながら進めてはいましたが、 やってはならないことをし

記事を読む

サンケンロック

韓国が舞台に マンガ「サンケンロック」

(c)Boichi 少年画報社 今日も暑かったですね。 お昼を食べに外に出て、 戻って

記事を読む

kindle

電子書籍が普及するためのアイデア

今日のお昼は久しぶりにお肉を食べました。 食べられるかが少し不安だったんですけど、 問題

記事を読む

グラップラー刃牙

身体を動かしたくなったら マンガ「グラップラー刃牙」

(c)板垣恵介 秋田書店 日本マンガ会の重鎮ちばてつやさんが、2012年秋の叙勲において

記事を読む

テラフォーマーズ8巻

テラフォーマーズ 8巻 我のある生物たち

最近の人気作は長編になりがちですよね。まあ、確実に売り上げが望める作品しか売りづらい事情は理解できま

記事を読む

とめはね!

字を意識させられる マンガ「とめはねっ! 」

(c)河合克敏 小学館 夏の甲子園が終わりましたね。 県代表の高校が負けてしまうと そ

記事を読む

子連れ狼

子どもをベビーカーに乗せて散歩に出かけたくなる マンガ「子連れ狼」

(c)小池 一夫、小島 剛夕 運動不足を実感している日が続いていたので、 先週からストレ

記事を読む

柔道部物語

オリンピックで柔道の試合を見るのと一緒に マンガ「柔道部物語」

(c)小林まこと 講談社 今年も暑い夏になりそうですよね、 というか暑い夏になっています

記事を読む

日暮

オリンピックといえば日暮 マンガ「こち亀」

(c)秋本治 集英社 また、一週間が始まりますね。 もう何度も同じことを書いていますが、

記事を読む

ミルフィーユAD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ミルフィーユAD

テラフォーマーズ8巻
テラフォーマーズ 8巻 我のある生物たち

最近の人気作は長編になりがちですよね。まあ、確実に売り上げが望める作品

ちから
ちから 日本最大の悲劇・忠臣蔵に、時代劇の第一人者が初めて挑んだ!!!!

ブログの文章をPCで読みやすいだろうと改行すると スマホだと読みづら

SCATTER あなたがここにいてほしい
SCATTER あなたがここにいてほしい 5巻

1枚の写真で心が軽やかになることがあります。 1つの言葉で心が穏やか

レ・ミゼラブル
レ・ミゼラブル 1巻

水仕事をしていると手のひび割れがすごいんです。 お湯ではなく水で洗え

サイボーグ009 完結編 conclusion GOD'S WAR
サイボーグ009完結編 conclusion GOD’S WAR 4巻

書評って難しいんですね。 書くためのルールみたいなのもあったりと・・

→もっと見る

PAGE TOP ↑