時間と場所を超えるためにはどうすればいいのかな?

公開日: : 雑感

寒いですね~。
昨日も外出せずに家の中にいました。
まだ、春の訪れを感じることができない
赤い流れ星★彡です、こんばんは。

もう少しかかるのかな・・・。

さてさて・・・。

昨日のHNKスペシャル
「ヒューマン なぜ人間になれたのか 第4集 そしてお金が生まれた」
http://www.nhk.or.jp/special/onair/120226.html
は非常に興味深かった。

お金が出来る前は物物交換が基本であったため、
モノの価値を決めることが困難であった。
そこで銀として等価的な価値を持つお金(コイン)が
出来たことによって、流通が爆発的に増えた。

そして、今までは富を貯める事が出来なかったが、
お金が出来た事によって富を貯める事が
出来るようになった。
その結果、格差が生まれてきたと。

ここまでは、まあ歴史や経済の授業で習うところ。
興味深かったのが最後の部分。
最新の脳科学では、人はモノを独り占めするよりも、
誰かに分かち合ったほうが脳は喜びを感じるらしい。

ただ、目の前にいる人に対してで、
時間や場所を越えてもそうなるのかは分からない。
僕はインターネットがその一部分を越える可能性があるのでは、
と強く感じました。

皆さんは何か思うところありますか?

ミルフィーユAD

関連記事

no image

ソーシャルってどう訳すとしっくりくるんでしょう

今日も本当に寒かったですね。日が落ちると室内なのにぶるぶる震えてしまう赤い流れ星★彡です、こんばんは

記事を読む

no image

ブログの方向性を決めてみましたよ

これから雪が降るんでしょうか。これから雪という予報がたまらなく嫌な赤い流れ星★彡です、こんばんは。家

記事を読む

no image

周りを巻き込む熱さってすごい憧れるよね

山下公園からスカイツリーが見えました。蜃気楼のようなぼやけた感じでしたが、妙に嬉しくなった赤い流れ星

記事を読む

no image

チラシを配るのにも元気が必要だよね

今日のお昼はマックに行きました。ラスベガスバーガーを食べた赤い流れ星★彡です、こんばんは。定番のビッ

記事を読む

no image

今日からブログを始めます

 今日からブログを始めます

記事を読む

no image

プレゼントの定番ってありますかね?

ケンタッキーのチラシがポストに入っていました。近日中に宅配で頼みたい赤い流れ星★彡です、こんばんは。

記事を読む

no image

出勤前のコーヒー屋さんはいいよね

今日は気持ち暖かかったですね。風が少なかったからでしょうか。その暖かさのせいかとても眠たかった赤い流

記事を読む

no image

このブログはどこに向かうか楽しみ

タイツ履いてます。もう寒くて寒くてヒートテックタイツ履いてる赤い流れ星★彡です、こんばんは。年でしょ

記事を読む

no image

ケンタッキーを届けてくれるなんて夢のようだよね

今日は楽しい一時を過ごせました。家族との交流も意識して増やす必要があると思う赤い流れ星★彡です、こん

記事を読む

no image

「笑点」ってオモシロイですよね

とんかつ和幸の恵方巻がトンカツだったのでかなりそそられた赤い流れ星★彡です、こんばんは。今年は他の所

記事を読む

ミルフィーユAD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ミルフィーユAD

テラフォーマーズ8巻
テラフォーマーズ 8巻 我のある生物たち

最近の人気作は長編になりがちですよね。まあ、確実に売り上げが望める作品

ちから
ちから 日本最大の悲劇・忠臣蔵に、時代劇の第一人者が初めて挑んだ!!!!

ブログの文章をPCで読みやすいだろうと改行すると スマホだと読みづら

SCATTER あなたがここにいてほしい
SCATTER あなたがここにいてほしい 5巻

1枚の写真で心が軽やかになることがあります。 1つの言葉で心が穏やか

レ・ミゼラブル
レ・ミゼラブル 1巻

水仕事をしていると手のひび割れがすごいんです。 お湯ではなく水で洗え

サイボーグ009 完結編 conclusion GOD'S WAR
サイボーグ009完結編 conclusion GOD’S WAR 4巻

書評って難しいんですね。 書くためのルールみたいなのもあったりと・・

→もっと見る

PAGE TOP ↑