ネットでもリアルでも、ぼくはマンガに関わる場所作りがしたいのかもしれません

公開日: : マンガ, 仕事

隣の家のタバコの煙に本当に迷惑をしています。
平日、休日関係なく、昼夜を問わず吸っているです。
そのため、窓を開けることが出来ず非常に困っている
赤い流れ星★彡です、こんばんは。

エアコンつけるからエコにならないですし。

さてさて・・・。

コミックナタリーってサイトご存知ですか?
マンガのニュースを毎日発信しているサイトなんです。
で、このコミックナタリーを見ていると羨ましくなります。
いいな〜、こういうサイト作りたいなって。

阿佐ヶ谷LOFTAって場所知っていますか?
イベントスペースなんですけど、マンガのイベントも結構やるんですよ。
新宿とかにあるLOFTの系列なんですね。
いいな〜、こういう場所作りたいなって。

LOFTA

そう考えると、僕はネットでもリアルでも、
マンガに関わる場所作りをしてみたいのかもしれません。
これは、プロデューサー的な立ち位置になってしまうのかな。
ブログを書き始めてから自分の考えがまとまってきた気がします。

マンガだけでなく、トリも同様ですね。

ミルフィーユAD

関連記事

花田少年史

心に栄養が必要なときは「花田少年史」はどうでしょう

今週1週間もあっと言う間に過ぎてしまいました。 最近の時の流れについて行けていない感じがします。

記事を読む

子連れ狼

子どもをベビーカーに乗せて散歩に出かけたくなる マンガ「子連れ狼」

(c)小池 一夫、小島 剛夕 運動不足を実感している日が続いていたので、 先週からストレ

記事を読む

no image

社会保険の仕組みをお伝えできればと思います

葉桜もとてもきれいですね。 淡いピンクとグリーンが合わさった景色は最高です。 春も半ばとなったこ

記事を読む

ゴリラーマン

結構リアルな学園マンガ マンガ「ゴリラーマン」

(c)ハロルド作石 講談社 今日も涼しい1日でしたね。 でも、ちょっと涼しすぎるくらいで

記事を読む

フジケン

B専ってこういうことか マンガ「フジケン」

(c)小沢としお 秋田書店 人と話すことは好きなんです。 でも、おしゃべりな訳ではありま

記事を読む

小さい頃のワクワクした冒険心が思い出される マンガ「大長編ドラえもん」

コロコロ文庫大長編ドラえもん 全巻セット (小学館文庫)posted with ヨメレバ藤子・F・不

記事を読む

ハイスクール!奇面組

こんな有名なマンガでも夢落ち? マンガ「ハイスクール!奇面組」

(c)新沢基栄 集英社 夢を見た直後って誰かに話したくなりませんか。 でも、聞かされた相

記事を読む

現状が辛くて前に進めない時は「月光条例」を読むといいんじゃないかな

もうすぐ4月ですが、まだ肌寒い日が続きますね。なので、今日もマフラーを巻いてました。早く暖かくなって

記事を読む

三国志

時間がなくても全60巻最後まで読み続けてしまう マンガ「三国志」

(c)横山光輝 潮出版社 窓を開けると風が心地いいです。 でも、心地よくないタバコの臭い

記事を読む

ハンバーガーミュージアムってオモシロくないですか?フードコートが全部ファーストフードな感じで

ビッグマック[/caption] 日本マクドナルドより  お菓子を人に上げるのが好きなんで

記事を読む

ミルフィーユAD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ミルフィーユAD

テラフォーマーズ8巻
テラフォーマーズ 8巻 我のある生物たち

最近の人気作は長編になりがちですよね。まあ、確実に売り上げが望める作品

ちから
ちから 日本最大の悲劇・忠臣蔵に、時代劇の第一人者が初めて挑んだ!!!!

ブログの文章をPCで読みやすいだろうと改行すると スマホだと読みづら

SCATTER あなたがここにいてほしい
SCATTER あなたがここにいてほしい 5巻

1枚の写真で心が軽やかになることがあります。 1つの言葉で心が穏やか

レ・ミゼラブル
レ・ミゼラブル 1巻

水仕事をしていると手のひび割れがすごいんです。 お湯ではなく水で洗え

サイボーグ009 完結編 conclusion GOD'S WAR
サイボーグ009完結編 conclusion GOD’S WAR 4巻

書評って難しいんですね。 書くためのルールみたいなのもあったりと・・

→もっと見る

PAGE TOP ↑