キン肉マン 45巻

公開日: : マンガ ,

今日はキン肉マンを買いました。
キン肉マンはやっぱり最高ですね!!
キン肉マンが大好きな
赤い流れ星★彡です、こんばんは。

屁のつっぱりはいらんですよ。

さてさて・・・。

今週プレのサイトで連載しているキン肉マン最高にオモシロイんです。

プレイボーイコミックス
http://wpb.shueisha.co.jp/category/comic/

しかも連載が復活した今のキン肉マンは、
ぼくが小学生の頃に読んでた時よりオモシロイ。
これってすごいことですよね。

キン肉マン 45 (ジャンプコミックス)

キン肉マン 45 (ジャンプコミックス)

  • 作者:ゆでたまご
  • 出版社:集英社
  • 発売日: 2014-01-04

ゆでたまごさんも今でも成長しているんですよ。
45巻はウォーズマンがフィーチャーされていました。
ベアークローにパロスペシャル!!
うーん、胸が熱くなります。

ジャンプで連載が終了した後から始まっているので、
そのままの気持ちで読めるのがいいですよね。
懐かしいだけじゃなく今読んでもおもしろい!!
小さい頃に読んでた方は楽しめると思いますよ。

ミルフィーユAD

関連記事

拳児

中国拳法をまず知るなら マンガ「拳児」

(c)松田隆智、藤原芳秀 小学館 今月いっぱい暑い日が続くようですね。 仕事中は意識しな

記事を読む

らんま1/2

女の子に変身したらって妄想を掻立ててくれる マンガ「らんま1/2」

(c)高橋留美子 小学館 今日のお昼はサッポロ一番食べました。 タマゴ、チャーシュー、ネ

記事を読む

日本人が疑問に思わない日本語を意識できる マンガ「ダーリンは外国人」

ダーリンは外国人―外国人の彼と結婚したら、どーなるの?ルポ。posted with ヨメレバ小栗 左

記事を読む

廻

予期せぬ良い出会いを マンガのジャケ買い 

(c)遠藤浩輝 講談社 今年に入って毎日ブログを書くようになってから、 アウトプットは恒

記事を読む

サンケンロック

韓国が舞台に マンガ「サンケンロック」

(c)Boichi 少年画報社 今日も暑かったですね。 お昼を食べに外に出て、 戻って

記事を読む

根性が必要な時ありますよね そんな時は マンガ「ど根性ガエル」

ど根性ガエル 1 (集英社文庫―コミック版)posted with ヨメレバ吉沢 やすみ 集英社 1

記事を読む

ブリザードアクセル

フィギュアスケートから日々の練習の大切さを マンガ「ブリザードアクセル」

(c)鈴木央 小学館 今日からマフラーしています。 だってこんなに寒いんですからね。

記事を読む

2013年「このマンガがすごい!」1位だからオモシロいでしょ マンガ「テラフォーマーズ」

テラフォーマーズ 1 (ヤングジャンプコミックス)posted with ヨメレバ橘 賢一 集英社

記事を読む

お互いを思う家族の絆と涙が マンガ「動物の国」

どうぶつの国(1) (少年マガジンKC)posted with ヨメレバ雷句 誠 講談社 2010-

記事を読む

変態仮面

笑いが止まらない『それは私のおいなりさんだ』 マンガ「究極!!変態仮面」

(c)あんど慶周 集英社 ここの所、仕事がトラブル対応ばかりなんです。 トラブルへの対応

記事を読む

ミルフィーユAD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ミルフィーユAD

テラフォーマーズ8巻
テラフォーマーズ 8巻 我のある生物たち

最近の人気作は長編になりがちですよね。まあ、確実に売り上げが望める作品

ちから
ちから 日本最大の悲劇・忠臣蔵に、時代劇の第一人者が初めて挑んだ!!!!

ブログの文章をPCで読みやすいだろうと改行すると スマホだと読みづら

SCATTER あなたがここにいてほしい
SCATTER あなたがここにいてほしい 5巻

1枚の写真で心が軽やかになることがあります。 1つの言葉で心が穏やか

レ・ミゼラブル
レ・ミゼラブル 1巻

水仕事をしていると手のひび割れがすごいんです。 お湯ではなく水で洗え

サイボーグ009 完結編 conclusion GOD'S WAR
サイボーグ009完結編 conclusion GOD’S WAR 4巻

書評って難しいんですね。 書くためのルールみたいなのもあったりと・・

→もっと見る

PAGE TOP ↑