赤ちゃんの奇妙な動きを理解するには マンガ「ジョジョの奇妙な冒険」

公開日: : 最終更新日:2012/07/27 マンガ

ジョジョ
(c)荒木飛呂彦 集英社 ※赤ちゃんこんなボーズしません?

また、暑くなってきましたね。
日中はほとんど室内にいるのですが
熱中症対策で水分補給をしている
赤い流れ星★彡です、こんばんは。

トイレが近くてちょっと困っているんですけどね。

さてさて・・・。

身体を動かせるようになった赤ちゃんの動きって不思議ですよね。
身をよじらせたり、バタバタしたり、変な顔したりと。
で、先日のアメトーークが「ジョジョの奇妙な芸人2」だったんです。
それを見ていて思いました。

ジョジョ
(c)荒木飛呂彦 集英社 ※こんなポーズもしますよね?

あ、赤ちゃんの動きはジョジョなんだと。
あの不思議な動きはジョジョなんだと。
不思議じゃなくて奇妙だったんだと。
赤ちゃんの奇妙な冒険なんだと。

ジョジョ
(c)荒木飛呂彦 集英社 ※パンチパンチしますよね?

赤ちゃんの動きが不思議に感じたら「ジョジョの奇妙な冒険」
読んでみるのはどうでしょう。
この格好もしている!あ、この動きもしている!って
夫婦の会話も楽しくなると思いますよ。

ミルフィーユAD

関連記事

はじめの一歩

休息の大切さを感じるなら マンガ「はじめの一歩」

(c)森川ジョージ 講談社 大相撲、日馬富士の全勝優勝で終わりました。 これで横綱昇進も

記事を読む

kindle

電子書籍が普及するためのアイデア

今日のお昼は久しぶりにお肉を食べました。 食べられるかが少し不安だったんですけど、 問題

記事を読む

ドラえもん

プライベート的なマンガ家さんのサイン会を開催したいんです

今週から仕事だったのですが、 世間一般がお盆休みだったためか、 外部からの連絡がほとんど

記事を読む

フジケン

B専ってこういうことか マンガ「フジケン」

(c)小沢としお 秋田書店 人と話すことは好きなんです。 でも、おしゃべりな訳ではありま

記事を読む

PLUTO

リメイクマンガを読みたいなら「PLUTO」オススメですよ。

聞き慣れた歌が聞き慣れない声で聞こえてくる事があります。 歌い手ではなく、歌の力で売ろうとしている

記事を読む

Dr.スランプ

赤ちゃんの不思議な言葉を理解するなら マンガ「Dr.スランプ」

(c)鳥山明 集英社 自分の大切なモノを同じように大切に思ってくれる人がいます。 そうい

記事を読む

ドラえもん

大人になっても楽しめる 9月3日が誕生日 マンガ「ドラえもん」

(c)藤子・F・不二雄 小学館 少しずつSEOの勉強を始めています。 でも、設定とか難し

記事を読む

皇国の守護者

仕事でミスを無くすにはどうしたらいいのでしょう。「皇国の守護者」がそのヒントになるかもしれません

仕事で酷いミスをしてしまいました。 確認をしながら進めてはいましたが、 やってはならないことをし

記事を読む

no image

マンガジャケ買いします?

買ったままのマンガがたくさんあります本当はもっともっと買いたいんだけど読めてないので買うのを我慢して

記事を読む

拳児

中国拳法をまず知るなら マンガ「拳児」

(c)松田隆智、藤原芳秀 小学館 今月いっぱい暑い日が続くようですね。 仕事中は意識しな

記事を読む

ミルフィーユAD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ミルフィーユAD

テラフォーマーズ8巻
テラフォーマーズ 8巻 我のある生物たち

最近の人気作は長編になりがちですよね。まあ、確実に売り上げが望める作品

ちから
ちから 日本最大の悲劇・忠臣蔵に、時代劇の第一人者が初めて挑んだ!!!!

ブログの文章をPCで読みやすいだろうと改行すると スマホだと読みづら

SCATTER あなたがここにいてほしい
SCATTER あなたがここにいてほしい 5巻

1枚の写真で心が軽やかになることがあります。 1つの言葉で心が穏やか

レ・ミゼラブル
レ・ミゼラブル 1巻

水仕事をしていると手のひび割れがすごいんです。 お湯ではなく水で洗え

サイボーグ009 完結編 conclusion GOD'S WAR
サイボーグ009完結編 conclusion GOD’S WAR 4巻

書評って難しいんですね。 書くためのルールみたいなのもあったりと・・

→もっと見る

PAGE TOP ↑