ほぼ日刊イトイ新聞が好きなら マンガ「少女ファイト」

公開日: : マンガ

寒い寒いクリスマスになりましたね。
外に出ると霜柱、水には氷が張っていました。
寒くてたまらないのに氷を見かけると何だか嬉しい
赤い流れ星★彡です、こんばんは。

凍えそうでしたが。

さてさて・・・。

ぼくが1番好きなサイトは、ほぼ日こと「ほぼ日刊イトイ新聞」なんです。
ほぼ日のおもてなし具合って半端ないんですよね。
通販でのやり取りもほぼ日よりよいサービスには出会ったことありませんし。
だから仕事でもかなり参考にさせてもらっています。

ぼく、なぜなんだろうって、いつも理由を考えていたんですね。
まず、全てはイトイさんのキャラクターから派生しているのは確かで、
その影響で乗組員(ほぼ日では社員をこう呼んでいるんです)の方々も
同じような雰囲気を醸し出しているんだろうなと。

でも、それがどんなものなんだろうって・・・。
それが、何となく今日2013年クリスマスの今日のダーリンで分かったような。

・ぼくがエジプトのピラミッドの前に立ったとき。
 つまり、そのときというのは、
 ジョン・レノンが撃たれたというニュースを
 そこで聞いたのだから、1980年の12月のことだった。
 ピラミッドは、どうやってつくったのかが、
 じぶんの目で見てわかったような気がした。

 ~中略~
  
 例外があるのは知っているけれど、あえて、そう言う。
 人は人を、力で屈服させ続けることはできないし、
 力で人を押さえつけた人間は、幸福にはなりえない。
 人が人をしばるって、ほんとに難しいものなんだよ。
 毎年12月には、よくピラミッドのことを思い出す。

今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。
人間って、ほんとうにいやなことはしないものなんだよ。

2013年12月25日の今日のダーリンより

ぼくこれを読んでほぼ日は性善説で動いているように感じたんです。

通販サイトやネット上のサービスって、仕方がないことですし、
そうあるべきだとは思いますが、性悪説に基づいていると思うんです。
上場したら完全にそうならざるを得ないでしょうし。
でも、ほぼ日はその逆で性善説で運用しているんじゃないかと。

もしかしたら、その性善説がほぼ日のおもてなし感を
醸し出しているのかもしれないって思ったんですよ。
そう考えていたら思い出したのが「少女ファイト」です。
以前も一度紹介しましたが、女子高校バレーのマンガです。

女バレという女子の集団生活ですので、ドロドロしている時もあるのですが、
読み続けているとすぐにそんな負の感情が明るく変わってきます。
それは登場人物のみんながみんな周りのことを考えているからなんです。
だから読んでいると気分が良くなってくるんですね。

オモシロいマンガは世の中にたくさんありますが、
読んで気分が良くなるマンガって、そうないと思うんですよね。
だから、ほぼ日に接すると気分が良くなる人なら
少女ファイトも同じように気分が良くなると思いますよ。

ミルフィーユAD

関連記事

no image

コミックを最後の巻から読んだり、途中から読んだりして新しいオモシロさを発見

病院の診察料やその後の薬代は おおよそどこも一緒だろうと思いがちですが、 病院によってこんなにも

記事を読む

BECK

何故だか悶々としているなら マンガ「BECK」

(c)ハロルド作石 講談社 先日に引き続きGoogleのパンダアップデートの影響で、 こ

記事を読む

廻

予期せぬ良い出会いを マンガのジャケ買い 

(c)遠藤浩輝 講談社 今年に入って毎日ブログを書くようになってから、 アウトプットは恒

記事を読む

努力をしても報われない時は「capeta」を読むといいんじゃないかな

春は出会いの季節でもあり、別れの季節でもあります。この春も出会いと分かれが多そうな赤い流れ星★彡です

記事を読む

kindle

電子書籍が普及するためのアイデア

今日のお昼は久しぶりにお肉を食べました。 食べられるかが少し不安だったんですけど、 問題

記事を読む

ピンポン

卓球日本代表を応援するお供に マンガ「ピンポン」

(c)松本大洋 小学館 このブログをやっていて嬉しいことがありました。 詳しくは書けない

記事を読む

お腹が空かない時はトリコを読むのはどうでしょう?きっとお腹が減ってきますよ

3月って何だか余裕が無くなってきます。誰かに会いたいな、出かけたいな、と思ってもなかなか上手く時間が

記事を読む

日本沈没や激濤で災害の怖さや対策を改めて知る事はどうでしょう

赤い星って共産主義や社会主義のシンボルなんですね・・・。僕は星ではなく流れ星なんですよと強調する赤い

記事を読む

とめはね!

字を意識させられる マンガ「とめはねっ! 」

(c)河合克敏 小学館 夏の甲子園が終わりましたね。 県代表の高校が負けてしまうと そ

記事を読む

D-LIVE!!

運転してみようかなと思ったら マンガ「D-LIVE!!」

(c)皆川亮二 小学館 やってもやっても全てが徒労に終わることあります。 今、まさにそん

記事を読む

ミルフィーユAD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ミルフィーユAD

テラフォーマーズ8巻
テラフォーマーズ 8巻 我のある生物たち

最近の人気作は長編になりがちですよね。まあ、確実に売り上げが望める作品

ちから
ちから 日本最大の悲劇・忠臣蔵に、時代劇の第一人者が初めて挑んだ!!!!

ブログの文章をPCで読みやすいだろうと改行すると スマホだと読みづら

SCATTER あなたがここにいてほしい
SCATTER あなたがここにいてほしい 5巻

1枚の写真で心が軽やかになることがあります。 1つの言葉で心が穏やか

レ・ミゼラブル
レ・ミゼラブル 1巻

水仕事をしていると手のひび割れがすごいんです。 お湯ではなく水で洗え

サイボーグ009 完結編 conclusion GOD'S WAR
サイボーグ009完結編 conclusion GOD’S WAR 4巻

書評って難しいんですね。 書くためのルールみたいなのもあったりと・・

→もっと見る

PAGE TOP ↑