ツバメが高く飛んでいるから明日も晴れですね

公開日: : トリ

ツバメ
Wikipediaより

突然強い雨が降りますね。
昨日も外出時に豪雨にあたってしまいました。
昔と天候が変わってきたと強く感じる
赤い流れ星★彡です、こんばんは。

昔はこんなのあまりなかったと思うんだけどな。

さてさて・・・。

最近ツバメをよく見かけます。
家のマンション前にツバメの巣があったのですが、
そこから巣立ったヒナたちでしょうか。
そうだったら嬉しいな。

以前、ツバメの数が減っているとのニュースを見て
このブログでも書きましたが、
ここ最近のツバメを見ているとそんな感じが全くしません。
ビューン、ビューンと飛んでいます。

僕の家はマンションの6階なのですが、
それ以上高く飛んでいるんですね。
ツバメが高く飛ぶと晴れといいますから、
明日も晴れそうだな。

逆に低く飛ぶと雨といいますよね。
これって、雨が近いと餌の虫が水分を吸って
重くなって高く飛べなくなるからと読みましたが、
今でもそうなっているのかな。

と、調べてみたら、今は気流説も出てきているんですね。 
↑いまいちよく分かりませんが・・・^^;
こういうのって新たなが理由が出てくるのオモシロいです。
他にもトリに関する言い伝えみたいなものがあったら是非教えてくださいね。

ミルフィーユAD

関連記事

赤ん坊を運んでくるのは「シュバシコウ」なんですよ

今日の夜はまさに嵐でしたね。途中強風による運転停止のアナウンスが流れ帰れるかが心配でしたが、普通に帰

記事を読む

カラスのヒナが孵ったらそれはそれで楽しみなんですよね

昼食代ってばかにならないんです。でも、お弁当を持っていくのも難しい。何かいい方法がないかを常に考えて

記事を読む

Japan Bird Research Association

台風でシジュウカラの巣箱がどうなっているか心配です。

(c)Japan Bird Research Association 台風の季節がやってき

記事を読む

ツバメ

ツバメも住宅難なのでしょうか

週末に雨が降ると困るんですよね・・・。 色々やりたいことが出来なくなってしまいますから。

記事を読む

ヒヨドリは暴れん坊ですな

3月に入ってもう3日目経ちました。今日3月3日はひな祭りですね。男兄弟だったので縁が無かった赤い流れ

記事を読む

とりぱん

庭に鳥を呼ぶ マンガ「とりぱん」

(c)とりのなん子 講談社 ※ほんと素敵なマンガだ 金曜日となると疲れが出てきて、 仕事

記事を読む

スズメの雨宿り

トリはどこで雨宿りしているんでしょう

(c)はなネコ鳥 ※こんなにカワイイ写真を公開している方がいらっしゃいました 美容院の帰り

記事を読む

見るのもいいし、食べるのもいいし、カモっていいですよね。

最後の2分の話のために10時間近く時間を費やしました。相手のことを考えるといくらやっても足りません。

記事を読む

ツバメ

ツバメがカラスと戦っていた ある初夏の日

日中は暑くなってきましたが、 夜はまだ肌寒いですね。 体調管理を本当に気をつけたい 赤

記事を読む

no image

自ら巣箱の設置に動くことで仲間も見つかるのかな

社員と面談してたら、 今にも眠りそうですねと 言われてしまった 赤い流れ星★彡です、こんばんは

記事を読む

ミルフィーユAD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ミルフィーユAD

テラフォーマーズ8巻
テラフォーマーズ 8巻 我のある生物たち

最近の人気作は長編になりがちですよね。まあ、確実に売り上げが望める作品

ちから
ちから 日本最大の悲劇・忠臣蔵に、時代劇の第一人者が初めて挑んだ!!!!

ブログの文章をPCで読みやすいだろうと改行すると スマホだと読みづら

SCATTER あなたがここにいてほしい
SCATTER あなたがここにいてほしい 5巻

1枚の写真で心が軽やかになることがあります。 1つの言葉で心が穏やか

レ・ミゼラブル
レ・ミゼラブル 1巻

水仕事をしていると手のひび割れがすごいんです。 お湯ではなく水で洗え

サイボーグ009 完結編 conclusion GOD'S WAR
サイボーグ009完結編 conclusion GOD’S WAR 4巻

書評って難しいんですね。 書くためのルールみたいなのもあったりと・・

→もっと見る

PAGE TOP ↑