スマホのアプリで雑誌の購読へ 「鳥ナビ」

公開日: : 最終更新日:2012/07/26 トリ

鳥ナビ

朝早く、窓を開けると
ホーホケキョ、ケキョケキョ。
今でもウグイスの鳴声が聞こえて嬉しい
赤い流れ星★彡です、こんばんは。

幸せな一時です。

さてさて・・・。

スマホのアプリって本当にたくさんあって、
そんなアプリがあるの分かってたらダウンロードしてたよ、ってアプリが結構あります。
昨日もそんなアプリを見つけました。
「鳥ナビ~1年で120種類の野鳥と出会えるガイド・初夏編」

「BIRDER」というバードウォッチングの雑誌を出している
文一総合出版という出版社が出しているアプリなんですね。
この出版社はとにかくデジタル化に力を入れており、
雑誌のデジタル化に加え、他にもアプリを出しているんです。

このアプリ基本無料なんですが、「BIRDER」
購読に繋がる作りになっています。
まあ、非常にニッチな分野での雑誌で購読者の裾野を
広げようとしているんでしょうね。

鳥ナビ

雑誌が売れなくなったと言われて久しいですが、
オモシロイ試みをするなぁと感心してしまいます。
ぼく、他に「さえずりナビ」というアプリも入れていますが、
他にもトリのアプリがありましたら是非教えてくださいね。

ちなみにiphone4Sです。

ミルフィーユAD

関連記事

野鳥

「日本野鳥の会」の売り上げをあげるには

思えば今年は夏バテもせずに結構元気です。 辛いのは首、肩、背中の凝りでしょうか。 どうに

記事を読む

シジュウカラはネクタイ締めてるみたいなんですけど分かります?

Facebook、twitter、ブログなど押し寄せる情報の波に飲み込まれています。今日は頭がモワモ

記事を読む

カラスが電柱に巣を作ると停電の恐れがありますからね・・・

今日はあまりにもすごい風でしたね。まともに立っていることができませんでした。帽子も飛ばされて慌ててし

記事を読む

日本野鳥の会

「バードウォッチング検定」ご存知ですか

オリンピックのサッカー日本代表は 男女共に準決勝まで進出しましたね。 このままメダルの獲

記事を読む

シジュウカラ

2012年6月「シジュウカラ」 抱卵が始まりました。

(c)森の動物日記 (子育て中のシジュウカラの両親) 駅前でティッシュを配っている人がいま

記事を読む

no image

野鳥を観察するのに適したWebカメラを探しています

最近土日のどちらも予定が入っていることが多いんです。 非常にありがたく嬉しいことなのですが、 ど

記事を読む

シジュウカラ ヒナ

2012年7月「シジュウカラ」 ヒナはこんなに大きくなりました

2012年ももう半分が過ぎましたね。 この半年何があったか、やったかを振り返る必要があります。

記事を読む

ライチョウ

ライチョウを絶滅から守るために

Wikipediaより 帰宅が深夜におよぶ日が続いています。 本屋にも寄れないのでマンガ

記事を読む

ツバメ

ツバメも住宅難なのでしょうか

週末に雨が降ると困るんですよね・・・。 色々やりたいことが出来なくなってしまいますから。

記事を読む

巣箱

2012年9月 そろそろ巣箱の設置時期です

今日の昼食も当然のごとく500円を超えました。 社食があればそういうこともないのかもしれま

記事を読む

ミルフィーユAD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ミルフィーユAD

テラフォーマーズ8巻
テラフォーマーズ 8巻 我のある生物たち

最近の人気作は長編になりがちですよね。まあ、確実に売り上げが望める作品

ちから
ちから 日本最大の悲劇・忠臣蔵に、時代劇の第一人者が初めて挑んだ!!!!

ブログの文章をPCで読みやすいだろうと改行すると スマホだと読みづら

SCATTER あなたがここにいてほしい
SCATTER あなたがここにいてほしい 5巻

1枚の写真で心が軽やかになることがあります。 1つの言葉で心が穏やか

レ・ミゼラブル
レ・ミゼラブル 1巻

水仕事をしていると手のひび割れがすごいんです。 お湯ではなく水で洗え

サイボーグ009 完結編 conclusion GOD'S WAR
サイボーグ009完結編 conclusion GOD’S WAR 4巻

書評って難しいんですね。 書くためのルールみたいなのもあったりと・・

→もっと見る

PAGE TOP ↑