赤ちゃん、涼しくなぁれ コウノトリが翼で日陰を作るんですって

公開日: : トリ

コウノトリ
(c)朝日新聞

都内近郊は、台風一過な1日でしたね。
ただ、風は強かったので注意は必要です。
干してきた洗濯物が飛んでいっていないか心配だった
赤い流れ星★彡です、こんばんは。

起床後にベランダを見たらモノが散乱していましたから。

さてさて・・・。

また、朝日新聞の夕刊にトリの記事が出ていました。
「赤ちゃん、涼しくなぁれ」
コウノトリの親鳥が翼を広げてヒナに日陰を作るんですって。
ヒナが小さい時期にたまに見られる行動って書いてありました。

いやあ、カワイイもんですね。
朝日新聞は本当にトリの記事が多くていいですよ。
他の新聞もそういうもんなのかな。
そう考えると他の新聞あまり読んだことないんだな。

赤ん坊を運んでくるといわれている「コウノトリ」
そのコウノトリも国の特別天然記念物なんですよね。
名前はよく知られているけど、実は希少な動物って多いんだよな。
あの「アホウドリ」だって天然記念物なんですよ。

こういうのって興味ない人は全く興味ないからな。
僕もトリが好きだから知ってるけど、以前は全く知らなかったし。
でも、こういうことを知ることで自然の大切さも分かることがあるんだよな。
まさに、僕がそうでしたからね。記事にするのは大事だよ。

ミルフィーユAD

関連記事

ヒバリ

野鳥を飼育することは禁止されています

(c)野鳥辞典(事典)鳥の写真のホームページ AKBの総選挙大盛り上がりでしたね。 まさ

記事を読む

駐車場を歩いているトリがいたらセキレイかもしれませんね

家帰ってに、夕飯食べて洗濯して、お茶碗洗ってダンボールを潰して整理した赤い流れ星★彡です、こんばんは

記事を読む

カラスの子育て時期は気をつけなくてはダメですよ

会社の若い子たちが成長を実感できるのはどうすればいいんでしょう。達成感を味合わせてあげたい赤い流れ星

記事を読む

2739_1

「日本野鳥の会」のカレンダーが素敵だ

傘を持たずにお昼に出たところ、 帰りに雨に降られてしまいました。 出社の際に珍しく傘を持

記事を読む

no image

シジュウカラの巣箱にWebカメラを設置したいんです

今日はいい天気!快晴でした。 でも、明日は雨らしいんですよ。 だからシーツや毛布も急いで洗って干

記事を読む

とりぱん

庭に鳥を呼ぶ マンガ「とりぱん」

(c)とりのなん子 講談社 ※ほんと素敵なマンガだ 金曜日となると疲れが出てきて、 仕事

記事を読む

ツバメ

ツバメがカラスと戦っていた ある初夏の日

日中は暑くなってきましたが、 夜はまだ肌寒いですね。 体調管理を本当に気をつけたい 赤

記事を読む

カラスが電柱に巣を作ると停電の恐れがありますからね・・・

今日はあまりにもすごい風でしたね。まともに立っていることができませんでした。帽子も飛ばされて慌ててし

記事を読む

日本野鳥の会

「ツバメ全国調査2012」消えつつあるのは人とツバメのつながりでした 

ここ最近では珍しくポカポカ暖かい1日でした。 ちょっと汗ばんでしまうくらいでしたね。 で

記事を読む

日本野鳥の会

ツバメをテーマにした音楽物語 「あの星のもとの故郷」

連日暑い日が続きますね。 こう暑いとトリは大丈夫なのかと心配になります。 トリたちにも日

記事を読む

ミルフィーユAD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ミルフィーユAD

テラフォーマーズ8巻
テラフォーマーズ 8巻 我のある生物たち

最近の人気作は長編になりがちですよね。まあ、確実に売り上げが望める作品

ちから
ちから 日本最大の悲劇・忠臣蔵に、時代劇の第一人者が初めて挑んだ!!!!

ブログの文章をPCで読みやすいだろうと改行すると スマホだと読みづら

SCATTER あなたがここにいてほしい
SCATTER あなたがここにいてほしい 5巻

1枚の写真で心が軽やかになることがあります。 1つの言葉で心が穏やか

レ・ミゼラブル
レ・ミゼラブル 1巻

水仕事をしていると手のひび割れがすごいんです。 お湯ではなく水で洗え

サイボーグ009 完結編 conclusion GOD'S WAR
サイボーグ009完結編 conclusion GOD’S WAR 4巻

書評って難しいんですね。 書くためのルールみたいなのもあったりと・・

→もっと見る

PAGE TOP ↑