赤ちゃん、涼しくなぁれ コウノトリが翼で日陰を作るんですって

公開日: : トリ

コウノトリ
(c)朝日新聞

都内近郊は、台風一過な1日でしたね。
ただ、風は強かったので注意は必要です。
干してきた洗濯物が飛んでいっていないか心配だった
赤い流れ星★彡です、こんばんは。

起床後にベランダを見たらモノが散乱していましたから。

さてさて・・・。

また、朝日新聞の夕刊にトリの記事が出ていました。
「赤ちゃん、涼しくなぁれ」
コウノトリの親鳥が翼を広げてヒナに日陰を作るんですって。
ヒナが小さい時期にたまに見られる行動って書いてありました。

いやあ、カワイイもんですね。
朝日新聞は本当にトリの記事が多くていいですよ。
他の新聞もそういうもんなのかな。
そう考えると他の新聞あまり読んだことないんだな。

赤ん坊を運んでくるといわれている「コウノトリ」
そのコウノトリも国の特別天然記念物なんですよね。
名前はよく知られているけど、実は希少な動物って多いんだよな。
あの「アホウドリ」だって天然記念物なんですよ。

こういうのって興味ない人は全く興味ないからな。
僕もトリが好きだから知ってるけど、以前は全く知らなかったし。
でも、こういうことを知ることで自然の大切さも分かることがあるんだよな。
まさに、僕がそうでしたからね。記事にするのは大事だよ。

ミルフィーユAD

関連記事

鳥ナビ

スマホのアプリで雑誌の購読へ 「鳥ナビ」

朝早く、窓を開けると ホーホケキョ、ケキョケキョ。 今でもウグイスの鳴声が聞こえて嬉しい

記事を読む

プーチンとツル

プーチン大統領がツルと一緒に空を飛ぶ

(AP)ツルと一緒に空を飛ぶプーチン大統領 ※気持ち良さそうですね まだまだ日中は暑い日が

記事を読む

日本野鳥の会

トリのネクタイでスーツ姿を楽しく 日本野鳥の会

Googleのパンダアップデートの影響で、 このブログの表示回数が↑175%、クリック数↑

記事を読む

シジュウカラ

2012年6月「シジュウカラ」 抱卵が始まりました。

(c)森の動物日記 (子育て中のシジュウカラの両親) 駅前でティッシュを配っている人がいま

記事を読む

シジュウカラ ヒナ

2012年7月「シジュウカラ」 ヒナはこんなに大きくなりました

2012年ももう半分が過ぎましたね。 この半年何があったか、やったかを振り返る必要があります。

記事を読む

no image

[トリ] メジロがミカンを皮の上から突いて食べていました

http://www.flickr.com/photos/sidm/7192150918/ pho

記事を読む

野鳥

「野の鳥は野に」 日本野鳥の会スローガン

どうしてベランダでタバコを吸うんでしょう。 どうして夜中に大声で話すんでしょう。 こういう小さな

記事を読む

日本のカワセミ

カワセミ見たことありますか

日曜の夕飯時や夕飯後に見る番組として多いのが 「ダーウィンが来た!」です。 特にトリの特

記事を読む

ヒバリ

野鳥を飼育することは禁止されています

(c)野鳥辞典(事典)鳥の写真のホームページ AKBの総選挙大盛り上がりでしたね。 まさ

記事を読む

カラスの巣が無くなっていました

今日は冷えましたが、 お花見している方多かったようですね。 みんなの体調が心配な 赤い流れ星★

記事を読む

ミルフィーユAD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ミルフィーユAD

テラフォーマーズ8巻
テラフォーマーズ 8巻 我のある生物たち

最近の人気作は長編になりがちですよね。まあ、確実に売り上げが望める作品

ちから
ちから 日本最大の悲劇・忠臣蔵に、時代劇の第一人者が初めて挑んだ!!!!

ブログの文章をPCで読みやすいだろうと改行すると スマホだと読みづら

SCATTER あなたがここにいてほしい
SCATTER あなたがここにいてほしい 5巻

1枚の写真で心が軽やかになることがあります。 1つの言葉で心が穏やか

レ・ミゼラブル
レ・ミゼラブル 1巻

水仕事をしていると手のひび割れがすごいんです。 お湯ではなく水で洗え

サイボーグ009 完結編 conclusion GOD'S WAR
サイボーグ009完結編 conclusion GOD’S WAR 4巻

書評って難しいんですね。 書くためのルールみたいなのもあったりと・・

→もっと見る

PAGE TOP ↑